<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
秋の白馬へれっつらごー!その12 sanpo
e0172299_12311325.jpg
あの山を登れば、向こうに白馬大池が見えます。
私のひざを気にしたのんびりペースの歩きでは、帰りのロープウェイに間に合わない・・・というわけで、相方にカメラを託して送り出し、私はこのまま湿原横でのんびり待つことにしました。

e0172299_12312565.jpg
ここからは、相方撮影。
少し登ってふり返ると、眼下に前回記事にした天狗原。



e0172299_12313925.jpg
岩がごろごろの急坂が続きます。
もう少しで頂上。
ここを登りきった先は・・・、


e0172299_12314816.jpg
こんな場所です。




e0172299_1232132.jpg






e0172299_12321554.jpg






e0172299_12323041.jpg






e0172299_123248100.jpg
関西のお兄さんに励まされて初めて登った日のこの場所は、ガス(霧)がかかったり晴れたりを繰り返すお天気で、とても幻想的な雰囲気でした。登りきった先の初めて見るその風景に、まさに「魂が震える」という感覚で、しばらく立ち尽くしていました。その日はラッキーなことに、子どもの頃から憧れていた雷鳥にも会うことができて。「初めて登って雷鳥に会えるなんてー!(涙)」と感激。ぴーんと張った空気と、雷鳥の足音以外何の音もしない世界。この星には私たちと雷鳥だけしかいないのではないかと錯覚するような、そんな世界でした。
e0172299_1233615.jpg
その奥に白馬大池。




e0172299_12332283.jpg
赤い建物が「白馬大池山荘」。
晩秋の、小屋閉め直前の山小屋泊はいいですよ!すいているし、ごはんはおかずの品数や量が激増します!星もすっごくキレイです!見てると気持ち悪くなるくらい大量の(←ほめてます)星が見えます。寒いけど。
今回は、ここまでにして帰ります。
e0172299_12333750.jpg
この山の向こう、そのまた向こう、と続く山並みが誘っていますが、すぐそこまで、もう雪が。



e0172299_12335546.jpg






e0172299_1234749.jpg






e0172299_12343822.jpg
そして相方も無事に戻り。
栂池自然園入り口までおりてきました。
春・夏なら、高山植物の咲き乱れる場所。
夕陽に照らされる栂池ヒュッテを写真におさめ、名残惜しくも今日はここまでで帰ります。

e0172299_12345693.jpg
帰りのロープウェイから。
最終便になってしまいました。ギリギリだった!



e0172299_1235115.jpg
こうしてブログでふり返ると、猛烈に「また行きたい!」となってしまいます。
次回はもう少し早く出発して、白馬大池の横でお弁当にしよう。



e0172299_12352364.jpg
ひ「やっと白馬大池が終わった・・・。でも、もういっこ山の記事があるんだよね・・・。」

というわけで、たぶん、あと2回ぐらい旅の記事をアップいたします。
みなさまにおかれましては、「早くひまわり写真を出せー」「山はもういいよ~」「何のブログなんだよ・・・」などなどいろいろおありかとは存じますが、もうしばらくだけ、よろしくお願い致します。
お楽しみに~♪
[PR]
by capistar | 2009-11-28 15:06 | Comments(2)
秋の白馬へれっつらごー!その11
e0172299_16264136.jpg
下界で買っておいたお弁当を持って、さあ、出発です!
ここ栂池自然園をスタートして白馬大池まで行きたいところですが、ひとまず途中の天狗原(てんぐっぱら、2200m)をめざします。
前月まで痛めていたひざがどう出るか、場合によっては、途中で引き返すことにします。

e0172299_16265559.jpg
ひざを気づかいながら、しばらく登ると、こんな感じ。
さっき乗ってきたロープウェイの駅や、自然園の一部などが見えます。



e0172299_1627844.jpg
さらに登ると、高い木がどんどんなくなり、代わりに、背の低い植物ばかりに。
正面の山の途中に天狗原があり、山の向こうに白馬大池があります。



e0172299_16272360.jpg
北アルプス北部のこの地域は、自然に優しく且つ安全に整備された登山道が多いです。
石を敷き詰めたり、木道を這わせたり。



e0172299_16273980.jpg
そういえば、「登山なんて違う世界のもの」と思っていた頃、相方とその場の思いつきで初めて登ってみたこのルート。当時、途中まで登って疲れてしまったのでもう帰ろっかなーと、こんな石の登山道で立ち止まっていた時。後ろからいかにも山慣れたお兄さんが颯爽と登ってきて、明らかに場違いな私たちなのに声をかけて励ましてくれました。お兄さんは立ち止まって関西弁で親切にいろいろ教えてくれて、「あめちゃん」もくれて。そして颯爽と去っていったお兄さんの後ろ姿を見ながら、また私たちも歩き出したのでした。
e0172299_16275334.jpg
その日のそのあとの山は素晴らしく。初めて見る世界に、魂が震えました。山に登るようになったのは、それからです。
あの日、ここを登らなかったら。
あの時、お兄さんに出会わなかったら。
そしてお兄さんが、立ち止まらなかったら。
そしたら私たちはそのまま帰っていたし、今こうして山を登ってはいなかったと思います。
あの時のお兄さん、お元気ですかー!お兄さんのおかげで今でも山に登っていますよ!

e0172299_1628977.jpg
ひざも痛くならず、天狗原に到着~!
湿原です。



e0172299_16282071.jpg
数日前までの長雨で、お水がたまり、本来の湿原らしい姿になっていました!
この状態は、初めて見ましたー!
いつも、水の無い時しか見たことがなかったので、うれしいです!


e0172299_16283267.jpg
これらの湿原は、気の遠くなるような長い年月をかけて出来上がったものです。




e0172299_1628435.jpg
澄んだお水が薄く張っていて、つい中に入ってぱしゃぱしゃとやりたい欲望にかられますが、絶対にいけませんよー!!



e0172299_16285550.jpg
湿原は静かに鑑賞しましょう♪




e0172299_1629745.jpg
湿原を見ながらお弁当タイム。
山で食べるお弁当は、いつもの10倍おいしいね!



e0172299_16291997.jpg
天狗原からこの木道を歩き、あの山を登ると、白馬大池が見えます。

さて、ひとまずの目的地、天狗原にはたどり着けました。ひざの調子も悪くありません。
この先、大好きな白馬大池を見にあの山を登るのかどうするのか・・・。

迷いましたが、やめました。
この先は、大きな岩がゴロゴロの場所です。
登りはOK、でも、ひざに負担のかかる下りでもしも痛くなってしまったら、帰りのロープウェイに間に合わない・・・。
・・・よし!ここから先は、次に来た時にしよう!
そして、今日は相方だけ行ってもらおう!!相方に写真を撮ってきてもらうのだー!!

というわけで、「でも・・・でも・・・かぴちゃんが・・・」という相方にカメラを渡して「ほらほらいいからいいから♪」と送り出しました。


e0172299_16293262.jpg
頑張れ相方!




その頃、ひまわりちゃんは・・・
e0172299_16294444.jpg
ひ「ねむーーー」
ホテルのすみっこでお昼寝。(散らかってるのは許してね☆)



次回は、ひとりで登って行った相方激写の風景を中心にお伝えします!
[PR]
by capistar | 2009-11-20 19:56 | Comments(10)
秋の白馬へれっつらごー!その10
e0172299_14423850.jpg
今回白馬に来た目的は、ひまわりちゃんと白馬の山並みを一緒に写真におさめたかったのと・・・、



e0172299_14425550.jpg
思い出深い山に久しぶりに登ることです。




e0172299_1443828.jpg
この日はお天気に恵まれ、絶好の山びより。
ただ、山頂付近に雪が積もっていることと、9月まで私のヒザの調子が悪かったこともあり、大事をとって、途中の天狗原(2200m)をひとまずの目的地としました。
うまくいきそうだったら、もう少し先の白馬大池の見える場所(2437m)まで行こうと。
白馬大池は、私たちが登山をするきっかけとなったところで、その後何度も訪れた大変思い出深い場所です。

e0172299_14434386.jpg
今日は、ひまわりちゃんはホテルでお留守番。
まずは、栂池(つがいけ)高原からゴンドラとロープウェイに乗り、一気に高度を稼ぎます。



e0172299_1444384.jpg
ぐんぐん登っていきます。
これ、ロープウェイの無かった頃はみんな最初から歩いて登っていったのですからタイヘンだったでしょうね!


e0172299_14442318.jpg
中継地点を通り過ぎ・・・、




e0172299_14444154.jpg
紅葉のあいだを抜けると・・・、




e0172299_14451048.jpg
一気に白馬岳が近くに見えます。
右側の雲の下の、横幅のある山が白馬岳です。
長野側が絶壁、富山側がなだらかという特殊な形をしてるので、見る角度で表情がくるくる変わる山です。

e0172299_14453110.jpg
どんどん登っていくと植生も変化し・・・、




e0172299_14455553.jpg
白樺の白い枝が目立ってきます。




e0172299_14462045.jpg
最後のピークを下ると、もうすぐ終点に到着です。
今日登るのは、正面右側に見えている、雪の無い緑色の山までです。(左の雪のある山が白馬岳)



e0172299_14463827.jpg
着きました。
登山道入り口まで数分歩きます。



e0172299_14465957.jpg
本当に気持ちの良いお天気。




e0172299_14473145.jpg
森林限界付近なので、木がまばらになっています。




e0172299_14474859.jpg
栂池自然園入り口に着きました。(1900m)
今日は入園は後回しにして・・・、赤い屋根の建物の横を右に曲がると、登山道があります。

~つづく~
[PR]
by capistar | 2009-11-15 15:56 | Comments(6)
秋の白馬へれっつらごー!その9
このまま白馬へ戻るのも、やり残した感たっぷりなので・・・
e0172299_13233721.jpg
夕陽に照らされた秋の日本海に、あやしいキャリーバッグがひとつ。




e0172299_13235023.jpg
ぱかーん!
・・・・・・・・・・
・・・・・あれ?


e0172299_1324578.jpg
・・・にょき。
ひ「ここは日本海にゃ。もう知ってるのにゃ~♪」



e0172299_13241927.jpg
外に出ないの?
ひ「うん。もう眠いの。もう寝るの」


というわけで、海編はここまで。
次回からやっと本題に戻りまーす!
[PR]
by capistar | 2009-11-13 13:37 | ぱかーん! | Comments(2)
秋の白馬へれっつらごー!その8
e0172299_13485495.jpg
車内でほっとひと息つくひまわりちゃん。




e0172299_1349895.jpg
何か見える?




e0172299_13492456.jpg
日本海は、いつも見ている太平洋側の海と比べると、青色が深く濃い印象でした。




e0172299_13493796.jpg
ひ「あれ何にゃ~?」




e0172299_13494734.jpg
写真におさめることはできなかったのですが、砕けた波は最大でこの倍ぐらいの高さまで飛び散ってました。



e0172299_13495929.jpg
ずっとずっと海を見ていたひまわりちゃん。




e0172299_13501169.jpg
どんなことを考えていたのかな?




e0172299_13504696.jpg

[PR]
by capistar | 2009-11-11 14:09 | Comments(2)
秋の白馬へれっつらごー!その7
e0172299_1432821.jpg
西日が照らす砂利の上に、ななめってるあやしいキャリーバッグがひとつ。




e0172299_1434712.jpg
ひ「ここどこにゃ」
(危険防止のため「ぱかーん」省略)



e0172299_144717.jpg
ひ「どこなのにゃ!」
(危険防止のため上へ移動)



e0172299_1443563.jpg
ひ「どこなのにゃあああーーー!!!」どどーーーん!!!(←効果音。高い波が砕ける音。ひまわりちゃんのセリフに、くい気味に読んで下さい)
(危険防止のため更に上へ移動)


e0172299_1445066.jpg
なんとなんと!日本海です!
ひ「ああ・・・えええー?!」
(危険防止のため更に更に移動)


e0172299_145362.jpg
ひ「にほん・・・かい・・・?」
そうです!演歌と火サス・土ワイの、憧れの日本海なのです!魚も美味しいよ!
ちなみに、新潟県糸魚川市です!


e0172299_1452089.jpg
ひ「白馬の旅行記事なのに白馬のが全然ないよねー」
そうだった・・・。もう「その7」だというのに・・・。メインの写真まで遠いなあ・・・。

というわけで、次回もこの場所からです!お楽しみに~。
[PR]
by capistar | 2009-11-08 14:53 | ぱかーん! | Comments(4)
秋の白馬へれっつらごー!その6
e0172299_10195374.jpg
ホテルです。




e0172299_10201342.jpg
ZZZ・・・・・




e0172299_1021034.jpg
ZZZZZZZZZZ・・・・・・・・・・・・・・・




e0172299_10211969.jpg
ひ「はっ!寝てた?!」
で、テーブルに置いたその手はなんですか?
[PR]
by capistar | 2009-11-07 10:26 | Comments(2)
秋の白馬へれっつらごー!その5 sanpo
前回の記事に登場した、白馬村の北隣にある小谷村(おたりむら)の鎌池。
e0172299_16205478.jpg
湖面に映る鉛色の空が秘境の雰囲気を高めてます。


e0172299_1621131.jpg



e0172299_16212925.jpg
鏡みたい。


e0172299_16221041.jpg



e0172299_16222438.jpg



e0172299_16224811.jpg
印象派の絵にありそうな。


e0172299_1623391.jpg
こういう暗い色合いも好き。


e0172299_16231883.jpg
鉛色の湖面に鈍い光。


e0172299_16233395.jpg



e0172299_16234678.jpg



e0172299_16215649.jpg



e0172299_1624734.jpg
こんな木々に囲まれてお散歩しました。


e0172299_16242215.jpg
上を見上げるとこんなふう。葉の色がうまく撮れませんでしたが、実際は真っ黄色。


e0172299_16243370.jpg



e0172299_16244983.jpg



e0172299_1625293.jpg
さあ、駐車場に戻って来ました。ひまわりちゃんはどうしてるかな?


e0172299_16251331.jpg
ひ「おっそいよー!(ぶぅー)」


カメラ好きの人たちには有名な場所なんだそうです。絵になるポイントがいっぱいでした。
上手な人たちが撮ったらもっともっとすごくキレイな写真が撮れるんだろうな~。
[PR]
by capistar | 2009-11-06 17:52 | Comments(6)
秋の白馬へれっつらごー!その4 animal
e0172299_1346443.jpg
どよ~んとした曇り空の下、薄暗い紅葉の原っぱに、あやしいキャリーバッグがひとつ。




e0172299_13462293.jpg
ぱかーん!
ひ「ここどこにゃ」



e0172299_13463726.jpg
ひ「どこなのにゃ!」




e0172299_1346525.jpg
鎌池という所です。ホテルのオーナーに教えてもらった紅葉の穴場です。
ひ「へーそうなの」

この日だけは曇っていたので、高い山への登山をやめてこちらに遊びに来ました。

e0172299_1347955.jpg
こんなふうに落ち葉を乗せて・・・、




e0172299_13472366.jpg
やらせ写真(笑)を撮ったり。




e0172299_1348974.jpg
ひまわりちゃんは大忙しで、出たり・・・、




e0172299_13482442.jpg
入ったり・・・




e0172299_13484946.jpg
また出たり。
薄茶色の落ち葉で、保護色になっちゃってます。



e0172299_1349179.jpg
池の周りの紅葉写真は次回に。
曇ってたので、出来の良くない写真ばかりですが・・・(涙)
[PR]
by capistar | 2009-11-02 14:20 | ぱかーん! | Comments(10)